MENU
ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると励みになります!

「十三機兵防衛圏 」の評価(ネタバレなし)|本物の神ゲーです。

今回は、2019年11月28日に発売されたプレイステーション4ソフト「十三機兵防衛圏」の紹介と感想をまとめました。


十三機兵防衛圏をプレイした感想は「買って損なし!素晴らしいゲームで、面白かった」です。

Switch版の購入はこちら


十三機兵防衛圏のAmazonのカスタマーレビューの評価は高いほうですね。

ただし、分が本当に楽しめるかはこれだけではわからないですよね。

こんな体験は、誰しもがお持ちのはず

  1. ゲームのオープニングや序盤から、面白みがない
  2. ゲームを進めても、一向に面白くならない
  3. だんだん、やらなくなる。
  4. 他のゲームに浮気して、積みゲーと化す
ぷり蔵

期待して買ったのに、残念ですよね。

にくまる

そのために、Amazonやyoutubueのゲームレビューがあるんだけどね。
以下の点で、じっくりと読むのを避けてしまうのよ

  • ダラダラとした読み疲れる長文レビュー
  • 配送、梱包などのゲームの面白さとは関係がないレビュー
  • なんだかんだで、ネタバレになるレビュー

そこで、この記事を読んだ方が、バイオハザード ヴィレッジ本当に楽しめるかどうかの判断できるように、以下の項目で、(なるべく)短く、わかりやすく評価します。

  • プレイした感想
  • よかったところ
  • 楽しめないタイプ
  • 楽しめるタイプ

この記事が、十三機兵防衛圏の購入の判断のお役に立てれば嬉しいです。

にくまる

この記事はSwitch版も対象です。

私のゲームの評価の説得性?を増すために、私の好みのゲームソフトを3~4本紹介しますと

  • 龍が如くシリーズ
  • グランド・セフト・オート
  • ラスト・オブ・アス
  • ゴースト・オブ・ツシマ

ポップで明るいゲームよりも、ダークな世界観のゲームが好きなんですよね。

このブログは、十三機兵防衛圏の概要は理解している人を対象としてます。
まったく知らない方は、公式サイトでまずチェックしてくださいね。

▶十三機兵防衛圏の公式サイト

Switch版の購入はこちら

目次

十三機兵防衛圏をプレイした感想

ぷりこ

「十三機兵防衛圏」てゲーム、タイトルが漢字だらけでパッとわからないわね。
どんなゲームなの?

にくまる

「じゅうさんきへいぼうえいけん」だね。
シミュレーションとアドベンチャー組み合わせたゲームかな

にくまる

ゲームシステム、ストーリー、設定など、どれを取ってもゲーマーを唸らせる神ゲーよ
ゲーム好きなら、ぜひ遊んでほしいな。

Switch版の購入はこちら

にくまる

このゲームは、シミュレーション編とアドベンチャー編と異なるプレイパートあるので、そこを分けて感想を書きます

シミュレーションゲームの感想

にくまる

高校生の13人の少年少女が、ロボットに乗って市街地で怪獣と戦うんだ
なぜ戦うのかは、ストーリーを追っていくと理解できる。

ぷりこ

怪獣?!

にくまる

うん。
怪獣。今の時代に怪獣が現れて、普通の高校生が、人類のために戦ってくれるんだ。

ぷりこ

ぶっ飛んだ設定ね

にくまる

怪獣も大きいものから小さいものまで、ワンサカと出現。
それをミサイルを使って、倒していくんだ。

にくまる

効果音が秀逸で、敵に攻撃するのが楽しいのよ。
一網打尽にしたら、爽快だね。

ぷりこ

シュミレーションゲームは、一戦闘に1時間以上も費やしそう。
普段、忙しい人には向かないのかな

にくまる

このゲームの戦闘は、10分くらいで終わるんだ。
区切りやすいので、まとまった時間が取れない人も遊びやすい

Switch版の購入はこちら

アドベンチャー編の感想

にくまる

アドベンチャーゲーム編も、一話おおよそ10分くらいで終わるので、遊びやすい

にくまる

主人公を切り替えることができるので、飽きが来ないんだ。
会話の文章量も短く、読み疲れない。

ぷりこ

アドベンチャーゲーム、長い文章だと読むのは辛くなるわ。

にくまる


ゲーム上では、シミュレーションゲームを「崩壊編」、アドベンチャーゲームを「追想編」と呼んでいるんだ。

にくまる

崩壊編と追想編は、プレイヤーの好きなタイミングで進めることができるよ。
例えば、「崩壊編」→「究明編」→「追想編」と続けて「究明編」→「崩壊編」と自由に遊べるのも、飽きせない工夫かな。

ぷりこ

「十三機兵防衛圏」のゲームシステムは、優れものね

ぷりこ

ストーリーはどうなの?

にくまる

唸るような面白いストーリだった。
でも、序盤は、何が何だがわからない状態で理解が追いつかないこともあるんだ。
少し我慢が必要かもね。

にくまる

このゲームのいいところは、登場したキャラ、設定、場所などデータベースになって、後で振り返ることができる。

ぷりこ

キャラ名を忘れても思い出せるね。

Switch版の購入はこちら

よかったところ

  • 先が気になってしまう、おもしろストーリー
  • 感情移入しやすく個性が光るキャラクター設定
  • シンプルな操作で楽しいシミュレーションゲーム
  • 懐かしさを感じる美しいグラフィック

Switch版の購入はこちら

楽しめない人

  • その場その場で完全に納得しないと話を進められない、完璧主義。
  • シミュレーションゲームを楽しめない
  • このゲームのグラフィックが古臭いと感じる
ぷりこ

最初の項目の意味が分からない

にくまる

完璧にストーリーを理解しないと気がすまない人は向いていない。
多少は割り切って進めないと。

にくまる

ストーリー中盤で、伏線となってわかってくるんだよ

楽しめる人

  • タイムマシンが登場するゲームが好き
  • シミュレーションゲームをよくやっている
  • 小説やマンガで、伏線が回収されたときに興奮する
  • 1980年代に青春時代を過ごした人。

十三機兵防衛圏の口コミ

にくまる

Twitter上で、十三機兵防衛圏の口コミを検索しましたが、概ね好評な意見が多かったです

十三機兵防衛圏の評価まとめ

にくまる

いろいろとタイプをまとめましたが、序盤の難解なストーリーを我慢して進めれば、誰でも楽しめるゲームですよ。

Switch版の購入はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる